このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 第4回福祉教育研究フォーラム“高校生・大学生のつどい”を開催しました
学園・大学案内

お知らせ

第4回福祉教育研究フォーラム“高校生・大学生のつどい”を開催しました

2010年09月07日

第4回福祉教育研究フォーラム“高校生・大学生のつどい”が8月22日(日)午後1時から本学美浜キャンパス1232教室で開催されました。昨年の第3回福祉教育研究フォーラムでプログラムの一環としてスタートしましたが、今回から“高校生・大学生のつどい”の名称で福祉を学ぶ高校生と大学生がともに研究活動や発表方法を学び合い、交流する場として独立して開催されることになりました。当日は厳しい残暑にも関わらず、高校生41名、大学生27名、高校、大学の教職員など100名を超える参加者がありました。
作文発表の部門では、プレ審査で選ばれた入賞者4名による作品発表がありました。福祉への思い、福祉ボランティアや福祉実習での出会いや体験、福祉の授業で学んだことなど、高校生らしい素直な思いを語ってくれました。また、福祉調査研究・制作発表の部門では3高校から調査研究成果の展示や報告、寸劇などが発表されました。
交流会では日本福祉大学付属高等学校の生徒の皆さんによる手話コーラスの発表と本学社会福祉学部の岡ゼミ生による調査研究発表が行われました。
高校生と大学生の発表に会場内は感動と驚き、笑いに包まれて予定の2時間もあっという間に過ぎました。参加者からは「素晴らしい経験でした」「多くの福祉系高校生が集まって交流する機会は大切」などの感想や意見が多数寄せられました。

最優秀賞を受賞した愛知県立高浜高等学校の生徒の皆さんによる研究発表「タカコウ版インスタント・シニア~高齢者をもっと身近で考えよう~」の様子です。

日本福祉大学付属高等学校ボランティア部の生徒の皆さんによる手話コーラス発表の様子です。