日本福祉大学ICTサポートデスク

  • ふくしAWARD

利用形態

利用にあたって

情報処理科目の授業での利用

情報処理科目は、情報処理教室に設置されているコンピュータを使用して行われます。授業では教員の他に授業を補助する「ティーチングアシスタント(TA)」が参加します。

情報処理科目以外の授業での利用

予め指導教員による予約が必要です。

ICTサポートデスク

ICTサポートデスクでは、さまざまな情報サービスに関する支援、問合せ対応を行っています。

個人の自主的な教室利用

情報処理教室は、授業等で使用されていない場合、個人の自主的な利用に開放されています。また、一部教室にはCG(Computer Graphics)、映像編集、Webページ編集などの各分野に特化した周辺機器・ソフトウェアを導入したコンピュータが設置されており、これらの機器も自由に利用することができます。

学内外からのネットワーク利用

自宅等のインターネット環境を経由して、大学のネットワークにアクセスすることができます。また、学内の多くの場所で個人PCから学内ネットワークの利用が可能です。ネットワークは保守作業時等を除いて原則24時間運用しています。詳しくは、 利用の手引き「4.学内で自分のPCを利用する」「5.自宅から学内ネットワークを利用する」を参照して下さい。