MENU

在学生紹介

河合 梨絵香さん

大饗 広之ゼミ

なぜ心理学を学ぼうと思ったのか

たまたま手に取った心理学の図説本と、相談機関で出会った臨床心理士の女性との関わりから、中学生のころに学問としての心理学と職業としての心理職に興味を持ち始めました。自分が援助を受ける側であった経験から生まれた「こんな援助をしてもらえたらよかったのに」という気持ちが、心理学を学ぶための原動力になりました。

日福の心理のよいところ

心理学を学びながら、児童福祉領域で活躍されている先生や発達障害を専門とされている先生方の講義を受けることができるため、先生方の取り組みをもとに、現場の生の声を聴くことができます。在学中の勉強につながるだけでなく、将来心理職として働く上でも活きる経験になると思います。

今力を入れていること

私は将来、心や発達に生きづらさを抱えている、あるいは大人になってから抱えるかもしれない子どもたちを発達早期から支援するような仕事に就きたいと考えているため、アルバイト先で子どもたちと関わりながら、学部で学んださまざまな知識を自分の体験の中で理解しなおし、より深く学びなおすことに力を入れています。

おすすめの授業

私の場合は、『児童家庭福祉論Ⅰ』や『発達障害児指導法』などが開講されていたので、今実際に取り組まれている教育・支援活動や、その状況について具体的な話をうかがうことができました。どんな子どもと将来出会うのか、という具体的なイメージを膨らませることで、自分に何が必要なのかを考えることができたと思います。

最新情報は大学サイトや公式SNSでも配信!

新しい情報が追加されましたら、日本福祉大学公式サイト、
または日本福祉大学公式SNSでも配信していきます。