MENU

教員紹介

吉原 智恵子 准教授
(よしはら ちえこ)

専門としていること

 私の専門は社会心理学です。人と人とのかかわり合いの中でものの見方や考え方が変化することや、多層的に関わり合う様々な関係性の中でどのような影響を与え合っているのかを調べています。社会の中でよりよく生きることにつながる研究をしたいと思っています。

最近の興味・研究や活動など

「目からウロコが落ちる」のはどんなとき?
~ 共生、未来、可能性の探求 ~

 ものの見方や考え方は、他の人との意見の対立や自分自身の葛藤を経ることで変化していきます。対立・葛藤の対処法によっては目からウロコが落ちる経験をすることもあれば、何の変化も起きないこともあります。では何がこれらを分けているのでしょう?目からウロコが落ちて世界観が変わると、自分が縛ってきた未来や可能性を切り拓くことができるかもしれません。
 こういう変化をもたらす突っ込んだかかわりは、心理的・物理的距離が離れた人との間で構築するのは難しいとされてきました。でも薄いかかわりにも重要な役割があるようです。人はかなり広範囲な人々とかかわって共生していると言えます。

最新情報は大学サイトや公式SNSでも配信!

新しい情報が追加されましたら、日本福祉大学公式サイト、
または日本福祉大学公式SNSでも配信していきます。