このページのメインコンテンツへ移動

学び・コース紹介
Course

総合進学コース

大学との一貫教育で学力を高め、
国公立大学に挑戦、
私立大学・日本福祉大学を目指す。

総合的な学力を高め、私立大学や日本福祉大学への進学はもちろん、
国公立大学に挑戦できるまでの実力を目指します。
日本福祉大学との連携による青年期一貫教育を通じて
人々の暮らしへの関心も深め、探究心や問題解決能力も養います。

想定
進路
国公立大学・私立大学
日本福祉大学(付属推薦)
医療・看護専門学校など
POINT 1

総合的な学力で、 幅広い進路を実現

部活動にも積極的に参加し、学力とともに人間力を高めます。英語検定や数学検定などの検定指導も重視。多様な分野の学力を高めることで、幅広い進路希望を実現します。

POINT 2

日本福祉大学との 青年期一貫教育

総合進学コースでは、日本福祉大学との青年期一貫教育による高大連携授業を通して、大学の学問を先取りし、課題解決につながる探究の姿勢を養います。

POINT 3

思考力・判断力・表現力を育成する 探究学習

国際社会や地域の問題・課題を発見し、現地調査や議論を通じて、問題解決力を育てる探究学習。大学や地域と連携した多様な探究学習を行い、自ら考え、判断、表現できる力を養います。

学び CLOSE UP

青年期一貫教育

青年期一貫教育
一足早く大学の講義などに参加。探究学習を中心とした高大連携授業が実施され、問題発見・解決能力を育みます。

フィールドワーク

フィールドワーク
教室での「なぜ」を深めるために、地域に出てフィールドワーク※を行います。そこに生きる人々から話を聞き、社会と交わることで、生きた学びが展開されます。
※写真はフィールドワークの例「ハンセン病元患者からの聞き取り」

探究成果を発表

探究成果を発表
ICT機器を活用し、プレゼンテーションを実施。発表は学んだことが最も自分の成長につながる瞬間です。難しい課題も生徒自身の言葉でわかりやすく表現されます。

先生からのメッセージ

地歴公民科 松永 太志先生

総合的な学力で
自らの進路を切り拓く。

授業を大切に教科の力を身につけるのはもちろん、日本福祉大学などとの高大連携や地域との取り組みを通して、教室の中だけでは養えない問題解決力を育みます。また、英検や数検などにも積極的に挑戦し、総合的な学力で自らの進路を切り拓きます。

生徒の声

柴田 栞奈さん(3年)北名古屋市立白木中学校出身

探究学習や大学の先生の講義に
学ぶ意義を実感。

探究学習では地域に密着した病院のあり方を調査研究。現場を訪ねて生の声を聞く経験が視野を広げ、プレゼンテーション時は達成感を感じました。毎週行われる大学の講義でも「学ぶことが誰かの幸せにつながっている」と、実感できるようになりました。

カリキュラム(平成30年度以降入学生用)

カリキュラム

このページのトップへ

page top