このページのメインコンテンツへ移動
  • トップページ
  • センター概要
  • 社会福祉士実習
  • 精神保健福祉士実習
  • 指定実習施設
  • 実習だより(現場リポート)
  • 社会連携
  1. ホーム
  2. お知らせ一覧
  3. 2017年度「福祉現場と専門職養成をつなぐフォーラム愛知」第2回幹事会 第2回研修会を開催しました

2017年度「福祉現場と専門職養成をつなぐフォーラム愛知」
第2回幹事会 第2回研修会を開催しました

2017年12月8日

2017年12月4日(月)日本福祉大学 名古屋キャンパス

 2017年「福祉現場と専門職養成をつなぐフォーラム愛知」第2回幹事会 第2回研修会が、2017年12月4日(月)に本学名古屋キャンパスで開催されました。

第2回幹事会

 今回の幹事会には、17の幹事法人の内、15の幹事法人の役職者及び本学理事長、学長等が参加し、今年度の取り組みを振り返るとともに、人財確保・養成をめぐる現状と課題、そして次年度の活動の方向性について、情報共有、意見交換を行いました。

第2回研修会

 今回の研修会では「社会福祉法人における人財をめぐって」をテーマに、本学の原田正樹学長補佐による基調講演「地域共生社会にむけた社会福祉法人のあり方」と3つの社会福祉法人からシンポジストをお迎えして、シンポジウム「職場定着の促進と次世代リーダーの育成」を行いました。
 基調講演とシンポジウムをとおして、社会福祉法人と大学にとっての共通の課題である「地域共生・地域づくり」と「人財の定着と確保」について議論を深めました。

プログラム

時間 内容 登壇者
12:30~13:00 受付  
13:00~13:05 閉会 <開会挨拶>
児玉 善郎(学長)
13:05~14:00 研修会(第1部 講演)
地域共生社会にむけた社会福祉法人のあり方
<講師>
原田 正樹(学長補佐)
14:00~14:10 休憩
14:10~15:25 研修会(第2部 シンポジウム)
職場定着の促進と次世代リーダーの育成
<シンポジスト>
①小早川 弘江 氏(名古屋キリスト教社会館理事)
②市川 幸夫 氏
(椎の木福祉会 特別養護老人ホーム 瑞光の里 施設長)
③杉本 行正 氏 (昭徳会事務局長)
<コメンテーター>
原田 正樹(学長補佐)
<コーディネーター>
木戸 利秋(社会福祉実習教育研究センター長)
15:25~15:30 閉会 <閉会挨拶>
木戸 利秋(社会福祉実習教育研究センター長)

研修会開会挨拶をする児玉善郎学長

基調講演とシンポジウムコメンテーターを行う原田正樹学長補佐

司会・コーディネーターの木戸社会福祉実習教育研究センター長 画像左

シンポジウムのシンポジスト3名

小早川弘江氏(名古屋キリスト教社会館 理事)
「いろいろな人に声を掛けながら人を集める。ターゲットをアウトリーチすること。」が大切だと語られました。

市川幸夫氏(椎の木福祉会 特別養護老人ホーム 瑞光の里施設長)
より良い施設にすることが人を集める(退職理由を明らかにして改善すべき課題を実行する)ことが語られました。

杉本行正氏(昭徳会事務局長)
職員相談窓口を開設して、安心して働くことが出来るように努めている取り組みについて、語られました。

お知らせ一覧