日本福祉大学大学院
研究生制度


研究生とは?

「研究生」とは、本大学院において特定の専門事項について研究しようとする者があるときに、選考の上で入学を許可する制度です。 なお、出願に際しては、研究テーマを明確にし、あらかじめ指導を希望する教員の承諾を得ることが必要です。


研究期間
4月から翌年3月までの1年間

出願資格(社会福祉学研究科)
社会福祉学研究科における研究生の出願資格は、次の各号のいずれかに該当する方です。
(1) 博士前期課程又は修士課程を修了して修士の学位を得た者、または2017年3月に修了見込みの者
(2) (1)と同等以上の学力を有する者
外国人留学生は、上記の出願資格に加え、研究に必要な日本語能力を有し、かつ下記に掲げるいずれかの在留資格を有する者であること。 ただし、本学大学院修了者、または研究科委員会所属専任教員の推薦がある者についてはこの限りではない。
(1)家族滞在者
(2)永住者
(3)日本人の配偶者等
(4)永住者の配偶者等
(5)定住者
 
出願回数の制限
研究生の出願および入学は、原則1回とする。
但し、研究上特別の事由を認めるときは、6回を限度として、出願および入学を許可する。
出願資格(医療・福祉マネジメント研究科)
医療・福祉マネジメント研究科における研究生の出願資格は、次の各号のいずれかに該当する方です。
(1) 博士前期課程又は修士課程を修了して修士の学位を得た者、または2017年3月に修了見込みの者
(2) (1)と同等以上の学力を有する者
 
出願回数の制限
研究生の出願および入学は、原則1回とする。
但し、研究上特別の事由を認めるときは、6回を限度として、出願および入学を許可する。
出願資格(福祉社会開発研究科)
福祉社会開発研究科における研究生の出願資格は、次の各号のいずれかに該当する方です。
(1) 博士後期課程または博士課程を修了して博士の学位を得た者、または2017年3月に修了見込みの者
(2) 博士後期課程または博士課程を満期退学(単位取得退学)した者、または2017年3月に満期退学(単位取得退学)見込みの者
(3) 博士後期課程又は博士課程に3年以上在学し退学した者、または2017年3月に退学見込みの者
(4) 上記(1)(2)(3)と同等以上の学力を有する者
外国人留学生は、上記の出願資格に加え、研究に必要な日本語能力を有し、かつ下記に掲げるいずれかの在留資格を有する者であること。 ただし、本学大学院修了者、または研究科委員会所属専任教員の推薦がある者についてはこの限りではない。
(1)家族滞在者
(2)永住者
(3)日本人の配偶者等
(4)永住者の配偶者等
(5)定住者
 
出願回数の制限
研究生の出願および入学は、原則1回とする。
但し、研究上特別の事由を認めるときは、6回を限度として、出願および入学を許可する。

出願期間
2017年 2月1日(水)〜 2月17日(金) 締切日消印有効

選考方法
書類選考

検定料・登録料・履修料
検定料 10,000円 (出願時に必要)
登録料 20,000円 (入学手続き時に必要)
研究料 60,000円 (年額)
※2017年度から検定料・入学金・研究料(年間)の価格を改定しています。

対象となる研究科
社会福祉学研究科 (修士課程)
医療・福祉マネジメント研究科 (修士課程)
福祉社会開発研究科 (博士課程)