模擬講義_同日開催:入学相談会(概要説明&個人相談会)

  1. 大学院TOP
  2. 模擬講義_同日開催:入学相談会(概要説明&個人相談会)

開催趣旨
要項
日本福祉大学大学院では、本学大学院担当教員による模擬講義を名古屋キャンパスで開催いたします。
大学院の講義の雰囲気を実際に体験頂くことができるほか、各回とも模擬講義終了後に開催する入学相談会に参加いただくことが可能ですので、大学院への進学を検討されている方、関心のある方はこの機会に是非ご参加ください。


2016年8月27日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)

講義テーマ
医療・介護事業体の経営戦略とマネジメント・システム-事例研究を中心に-

担当教員: 足立 浩 (医療・福祉マネジメント研究科 教授)

【概要】
医療・介護事業においても経営体としての安定性追求が強調されるようになって久しいが、民間企業で開発・実践された経営・会計手法等を非営利事業体としての理念を担保しつつ活用し、経営の改善・安定化に活かしている事例は必ずしも多くはない。本講義では、その具体的事例をとりあげ、解説したい。

2016年9月24日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)

講義テーマ
ジェンダー・貧困・社会政策の《現在(いま)》を問う―母子世帯調査の結果報告を通して―

担当教員: 末盛 慶 (医療・福祉マネジメント研究科 准教授)

【概要】
21世紀に入ってから、貧困にこれまで以上に社会的な注目が集まり、多くの調査研究が行われている。しかし、ジェンダーの視点で日本の貧困を読み解くものは全体としては少ない。本講義では、母子世帯を対象とした量的調査の結果を報告することを通して、日本におけるジェンダーと貧困の関係性および社会政策として何が求められているのかを考えていく。講義内容としては、社会福祉におけるジェンダー視点の重要性、ジェンダーと貧困が交差するところ、母子世帯の現在的位置、貧困論および社会学の理論動向にあるヒント、生活戦略という概念の提案といった説明を行った上で、母子世帯の調査結果を述べていく。調査結果をもとづきながら、シングルマザーが置かれた状況で合理的な判断を重ねていくことで貧困が再生産されていく可能性があることを示す。この結果にもとづいて、どのような社会政策がいま求められているのかを提示する。ジェンダー、貧困、社会政策に関心がある方、ひとり親世帯の動向に関心がある方、貧困論や社会学の理論動向をどのようにしして量的調査のデザインの中に取り込んでいくのかといったことに関心がある方のお越しをお待ちしております。

2016年11月26日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)

講義テーマ
社会福祉法人の内部留保

担当教員: 新谷 司 (医療・福祉マネジメント研究科 教授)

【概要】
最初に、内部留保とは何か、内部留保はどのようにして増えるのか、減るのか、なくなるのか、内部留保はどのような目的で計算されたのか、について一般的な説明を行う。次に社会福祉法人の場合の内部留保について説明を行う。最後に実際の社会福祉法人の計算書類を利用して、内部留保の計算を行う。なお、内部留保と類似するいくつかの諸概念についても取り上げ、その意味の違い、金額の違いについても説明を行う。

2016年12月17日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)

講義テーマ
障害者差別解消法と障害者の意思決定支援をめぐる問題

担当教員: 柏倉 秀克 (医療・福祉マネジメント研究科 教授)

【概要】
近年わが国の障害者制度は、国連の「障害者権利条約」批准に向け、めまぐるしい変化を遂げてきました。2011年に「障害者虐待防止法」が制定され、同年7月には「障害者基本法」が改正されました。2012年には「障害者総合支援法」が制定され、2013年には「障害者差別解消法」が制定されました。これらの法整備を受けて、わが国は国連で140番目の権利条約批准国になりました。さらに本年4月には、障害者差別の禁止と合理的配慮の不提供の禁止を柱とする障害者差別解消法が実質的にスタートしています。この講義では障害者制度改革の意義について解説するとともに、障害者権利条約における重要な論点の一つである障害者の意思決定支援について検討を深めます。

2017年1月7日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)

講義テーマ
多職種連携に必要な知識とスキル

担当教員: 篠田 道子 (医療・福祉マネジメント研究科長、教授)

【概要】
わが国がめざしている「地域包括ケアシステム」の構築は、多職種連携が前提になります。また、WHO(世界保健機関)は、「専門職とは連携ができる人」と提言しています。本講義では、連携力を高める知識とスキルとはどのようなもので、どうすれば習得できるのか、ファシリテーション、ケースメソッド、カンファレンスなどを例示しながら説明します。

開催日程

2016年8月27日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)
2016年9月24日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)
2016年11月26日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)
2016年12月17日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)
2017年1月7日(土) 講義時間 13時~13時50分(相談会 14時~16時)

模擬講義 と同日に 入学相談会 を開催します。
入学相談会 は 模擬講義 終了後に実施しますので、この機会にぜひご参加ください。  >   入学相談会 案内

会場

日本福祉大学 名古屋キャンパス 北館

【住所】 名古屋市中区千代田5-22-35
【アクセス】 JR鶴舞駅下車「公園口」徒歩約2分 または 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅下車 徒歩約2分
※駐車場はございません。名古屋キャンパスへ来館する場合は、公共交通機関をご利用ください。

会場案内図(日本福祉大学名古屋キャンパス)

参加費

無料

申し込み方法

ホームページより、参加申し込みを受け付けます。  >   参加申し込みはこちら

申し込み手続きの際に入力されたメールアドレス宛に「受付内容の確認メール」を自動返信いたします。
迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合、メールが受信できない場合がございますので、その場合は、@ml.n-fukushi.ac.jpを受信できるように設定してください。 なお、本ページからの申し込みができない場合は、大学院事務室まで電話(052-242-3050)にてご連絡ください。[受付時間:平日10時~17時]

問い合わせ先

日本福祉大学 大学院事務室

〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-22-35
TEL: 052-242-3050  FAX: 052-242-3072




UPDATE: 2016-6-27