就職支援

CAREER SUPPORT

1年次

1年生前期

入学直後から職業を考える

キャリア開発 Ⅰ

進路選択において参考となる事項について講義を行います。就職や雇用をめぐる現在の状況、本学学生の就職状況、社会人として求められる力、資格は就職に必要なのか、就職活動で起きる問題などについて学びます。さらに実業界で活躍されている方からさまざまな業界における仕事や働き甲斐、また希望する業界へ進むためにはどのような準備が必要か、などについて理解を深めます。

1年生後期

意外に多彩なスポーツの仕事

スポーツキャリア教育

スポーツに関連する職業やボランティアなどに取り組み、活躍している人(ゲスト講師)から、自身がどのようにスポーツと関わり、どのようにしてその分野で活躍するまでに至ったのか、またその結果、自分の生き方や人生設計にどのようにつながっていったのかを講義してもらい、スポーツを生かした自分のキャリアの形成につなげます。

2年次

2年生前期

健康運動指導の技術を

スポーツ・運動指導者論

スポーツや運動のニーズを受け止め、集団を組織し、運営している指導者(ゲスト講師)による講義を通して、指導者の役割、使命、やりがいを学びます。そこでは、ライフステージや性別などによって、どのように指導内容や方法が異なるのか、発達を考慮した指導がどのように実践されているのかを理解します。

2年生通年

全員参加の現場体験科目

スポーツフィールドワークⅠ

スポーツ指導の実践力を養う必修科目です。学校や福祉施設、地域のスポーツクラブといったスポーツ実践の現場に1年間にわたって参加し、対象者に応じた適切な運動プログラムを作成して実践指導を行います。その中で、対象者と効果的なコミュニケーションの方法や、課題設定・解決能力を養います。

3年次

3年次 4月~2月

スポーツに関わる就業体験を

インターンシップⅠ・Ⅱ

スポーツ関連企業、地域のスポーツ振興に関わる行政機関やNPO法人などを中心に行う就業研修です。事前学習や事後のふりかえりをしっかりと行い、職業人としての基礎力を身につけます。

4年次

4年次 4月~7月

中学・高校・特別支援学校で実施

教育実習

中学・高校の保健体育教員、特別支援学校教員をめざす人のための教育実習です。特別支援学校教諭一種免許状を取得することで、教員を志望する人の進路の可能性は広がります。

スポーツを通じて
様々な学びが広がる4年間。
日本福祉大学へ入学後の未来を
イメージしてみてください。

取得可能資格・想定進路を見る

CAREER
SUPPORT
PROGRAM

全学共通のキャリア支援プログラムにより、
一人ひとりのキャリアデザインと就職活動を万全サポート!

2年次 4月~7月

進路を意識して学ぶために

2年生全員キャリア面談

キャリア支援のエキスパートが全員と面談し、進路について話し合うとともに、今後の支援内容や就職活動に関する情報などの提供を行います。自分の将来について考えることが悔いのない就職の第一歩です。

3年次 12月

就活の不安や疑問を解消

就活プランニングセミナー

全国の同窓生や内定を決めた各学部4年生が集い、これから就職活動を始める3年生の疑問や不安を解消するイベントです。4年生からは就職活動を円滑に進めるポイントを、また同窓生からは各業界の仕事のやりがいや心構え、Uターン就職などの助言が受けられます。

3~4年次

本学に関心を持つ企業等が集結

学内就職説明会

金融・流通・製造・サービス・建築などの各種企業、医療・福祉法人、地方公共団体など、本学学生に関心を持つ企業等の採用担当者がキャンパスに集結。教室・ブース形式で説明会を実施します。この場での出会いが就職に結びつく例が毎年数多く生まれています。