このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
健康科学部

健康科学部
学部長メッセージ

人の手と技術でしあわせを支える。

好きなときに好きな場所へ行き、自分の力で何かをしたい。子どもも高齢者も、心身に障害のある人も、その思いは同じです。不自由を取り除き日常生活が支障なく行えるようにするだけでなく、趣味を楽しんだり季節を感じたりして、喜びや幸福感を味わえてこそ、こころ豊かな質の高い生活を送ることができ、心身ともに健康な状態であると言えます。誰もがそんな生活を送ることができるよう、リハビリテーション医療や介護など“人”が行うケアと、福祉用具やバリアフリー住宅といった“モノ・環境”によるサポートという、2つの方向から取り組むのが健康科学部です。人の身体や精神に対する理解と福祉の視点を養うとともに、実践的な専門技術を身につけ、卒業と同時にプロとして活躍できる人材を養成します。

健康科学部 学部長
久世 淳子