このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
社会福祉学部

社会福祉学部
学部長メッセージ

誰もが大切にされる社会へ。

日本で最も長い歴史を持つ4年制の社会福祉学部が、開設60周年を機に体制を一新!「 行政専修」「子ども専修」「医療専修」「人間福祉専修」からなる専修制を導入し、卒業後の進路に応じた高い専門性を身につける教育がスタートしました。その背景には、社会福祉ニーズの増加と多様化があります。生活上の問題を抱える多様な人々への支援がいっそう求められるとともに、社会福祉やまちづくりの政策を策定・遂行する公務員の役割も重要になります。さらには、企業人や地域住民の立場で福祉マインドを発揮して活躍できる人々も必要です。社会福祉学部では、各専修の専門性を磨くと同時に、全員が地域というフィールドに出て、さまざまな人や組織との関わりの中から学び、“誰もが大切にされる社会づくり”を担う人材を養成します。

社会福祉学部 学部長
小松 理佐子