2008年度「安全の日」防災事業計画について

1. 2008年度安全の日防災事業のねらい

 本学全構成員の防災意識向上に向けた総合防災訓練を実施して、大規模震災時における被害を少しでも減らす「減災」の動機づけを図る。

2. 美浜キャンパス 事業概要及びタイムスケジュール【2008/10/16(木)13:15〜15:30】

 大規模地震発生から火災発生・消火・避難・安否確認・救助の流れを総合的に訓練する。特に今回は新たに安否確認システム開発に伴う試験運用を試みる。

時刻 訓練概要
【各プログラム】
実施機関・課室 場所 内容 対象
教職員 学生
13:15 防災講座 施設課 210R 「減災に向けた地域コミュニティの在り方と安否確認システム」  大場先生
14:30 起震車・スモーク体験 消防署 キャンパスプラザ なまず号による地震体験とスモークテントによる無視界体験
14:40 地震発生    
緊急放送 施設管理室 美浜キャンパス 非常放送を用いて避難指示を行う    
防災ヘリ到着 施設課 第2グラウンド 救助訓練開始まで第2グラウンドで待機    
防災本部設置 防災本部 キャンパスプラザ【野外ステージ】 防災本部は参集する 防災本部  
避難訓練【講義棟・7,8,9,12,15号館・研究本館・図書館】
火災発生 12号館1階厨房 生協関係者より火災発生による応援依頼あり  
14:41 大学への報告 生協関係者 生協→施設管理室 連絡を受け状況確認を開始  
  生協関係者 12号館 12号館2階テラスにて発炎筒着火    
自衛防災活動訓練 若手職員 12号館1階屋外 球技場に向けて消火栓を放水する  
初期消火訓練 生協、実習センター 12号館2階デッキ 消火器を用い初期消火活動を開始【知多南部消防組合指導下】  
14:42 消防機関への出動依頼 施設管理室 施設管理室 火災連絡を受け消防署への模擬通報を行う    
14:43 緊急連絡訓練 美浜C⇔半田C   衛生携帯電話による連絡訓練 足立副学長  
14:44 逃げ遅れ者確認 学務部 講義棟 避難誘導係員は担当施設内の逃げ遅れ者確認を実施し、その結果を本部にまで報告し、以後、キャンパスプラザにて初期消火訓練を見学。         
キャリア開発課 7・8・15号館
ICTサポートデスク 9号館
実習教育研究C 12号館
図書館 図書館・研究本館
14:45 避難確認 防災本部 キャンパスプラザ【野外ステージ】 各避難者代表より報告 防災本部
逃げ遅れ者の発見 実習教育研究C 12号館6階 6階部分に「逃げ遅れ者2名発見」 →本部報告  
避難者の安否確認 安否確認隊 キャンパスプラザ 安否確認対象者〔事前確認〕のみシステム入力・その他避難者は参集後、キャンパスプラザにて消火活動を見学する。
AED取り扱い講習 消防署 キャンパスプラザ【オープンキューブ】 AED取り扱い方法及び負傷者の応急処置方法指導
消火器取り扱い講習 消防署 キャンパスプラザ 粉末消火器の取り扱い講習
14:46 警備・警戒体制 消防署 12号館周辺 ナイロンテープ張りと訓練時の警戒区域保護    
消防署の到着 防災本部【学長】 キャンパスプラザ【野外ステージ】 【逃げ遅れ者2名】救助・【初期消火失敗】消火要請 宮田学長  
15:02 消防署放水活動開始 消防署 12号館2階デッキ 12号館前にて放水活動を開始する    
15:07 梯子車による救助の開始 消防署 12号館2階デッキ 梯子車を用いて屋上からの救出訓練(1名)を行う    
15:10 救急車による怪我人の搬送 消防署 キャンパスプラザ 救急車にて怪我人の搬送    
15:14 防災ヘリ救出活動 県防災課 12号館屋上 防災ヘリを用いた12号館屋上から救出(1名)活動    
15:25 防災ヘリ第2グラウンドへ移送 県防災課 第2グラウンド 被災者を第2グラウンドで救急車へ移送    
15:25 総合防災訓練終了
15:30 正門通行制限解除 施設管理室 正門進入路 人・車両の通行制限解除    

 

主な施設利用制限
7:00〜16:00 第二駐車場(一部),第5駐車場    
10:00〜16:00 キャンパスプラザ,オープンキューブ    
14:30〜15:30 全構内道路、第2グラウンド、球技場  
14:45〜15:30 12号館出入り 12号館前デッキ、12号館2階・周辺

 

3.半田キャンパス

現在半田市との避難所協定締結に向けて協議中であり、本協定に準じたプログラムを検討中

 以 上


▲ トップへ戻る