›
 ›
 ›
 ›
心理臨床専修

子ども発達学部 心理臨床学科
心理臨床専修

新たに誕生した心理職の国家資格"公認心理師"

日本福祉大学は
"公認心理師"の国家資格取得を
サポートします!

詳しくはこちら

子どもと家族を基点にひとのこころを理解し、支援する力を。

専修紹介

心理臨床専修では、乳幼児期から青年期をはじめとして、成人期以降も含めたすべてのひとの「こころの問題」を理解し支援する力を養成します。まず、心理学の基礎理論を学び、各種の研究手法や臨床技法を実践的な演習を通して身につけます。その上で不登校・引きこもり・非行・児童虐待などを含めさまざまなひとへの支援のあり方を学びます。机上の学習だけでなく、心理の支援実習や関連施設の見学が可能なカリキュラムとなっています。将来は、公務員心理職(児童相談所・家庭裁判所)、学校カウンセラー、企業の人事・労務部門、広告・マーケティング部門など幅広い分野での活躍が期待されます。

教育の特色

心理学の基礎理論と研究手法を早い段階で身につける。

人間の発達や心理を科学的に理解するために基礎心理学や心理学研究法を学びます。心理実験や調査などの演習科目を通して人間のこころの理解を深めるとともに、実験・観察・調査・面接といった心理学研究の手法を2年次までにマスター。3年次以降の専門的な研究活動に備えます。

こころの問題を抱える子どもや家族の援助方法を学ぶ。

心理学の基礎を学んだ上で、こころの問題を抱えた子どもと家族を支援する心理臨床の手法を学習。例えば「臨床心理学Ⅱ」では不登校・虐待・摂食障害・不安障害といった個別の問題への理解と支援方法を、また「家族心理臨床論」では家族の問題を生涯発達の観点から理解して家族療法などの支援を学びます。

3年次からのゼミで多様な心理的支援の基礎と応用を学ぶ。

3年次からの「子ども発達学専門演習」では、ゼミに所属して研究を深めます。例えば児童虐待、親の抑うつや育児不安などへの支援を学ぶゼミ、教育現場での課題や人間関係の基礎を学ぶゼミなど、テーマは多彩。ゼミは学科内の障害児心理専修のほか、子ども発達学科(人数制限あり)からも選択可能です。

資格取得

  • 取得可能な資格

    • 高等学校教諭一種免許状(公民)
    • 認定心理士
    • 初級障がい者スポーツ指導員
    • 社会福祉主事任用資格
    • 児童指導員任用資格

    副専修履修で取得できる資格

    • 特別支援学校教諭一種免許状
      (知的障害者・肢体不自由者)(若干名)※1
  • 卒業後に実務経験が必要な資格

    • 児童福祉司任用資格※2

    他学科履修で免許取得に必要な科目の単位修得が可能

    • 中学校教諭一種免許状(社会)

※1)副専修には定員と選抜基準を設け、学内選考等を行います。

※2)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

4年間のカリキュラム

人間のこころに迫る実験・実習

心理学の基本的な考え方や研究方法を1年次に習得。続く2年次には、代表的な心理学実験や心理検査を、実施する側・受ける側の両方を体験しながら学びます。身につけた研究手法や討論・発表の技術は、3年次以降の専門演習(ゼミ)でいよいよ真価を発揮します。

例えばこんな卒業研究テーマ

  • 企業ロゴの変更が企業イメージに及ぼす影響~変更前、変更後のロゴのイメージ比較を通じて~
  • 大学生の衣服に対する色彩嗜好と性格の関連
  • 反抗期の無い若者の増加についての一考察
  • 男性の化粧行動における感情に関する実験的研究
  • ジェンダー意識の変化とファッションとの関係性
  • 決められない症候群(仮称)の一症例について
  • 心配性の人の心配に対するメタ認知~信念と自己受容の関連~

「臨床心理士」をめざす人に!

臨床心理士受験資格が取得できる大学院※を併設しており、本学科の学生が毎年進学しています。課程を修了すると、実務経験なしで臨床心理士の資格認定試験を受験することができます。本学科の成績優秀者を対象とした学内選抜入試もあります。

大学院 社会福祉学研究科心理臨床専攻 修士課程

From a Student

2017年3月卒業
水島みずしま 成美なるみさん 愛知県/旭陵高等学校 出身
進学先:日本福祉大学大学院

子どもの問題の背景にある、
親の心理を探究。

事例をもとに学ぶ「学校心理臨床論」などの講義を通じて関心を持ったのは、子どもの不登校やいじめの背景に潜む、親子関係や家庭環境の問題でした。3年次のゼミでは仲間と研究を進め、「ネグレクトや虐待は親の育児不安が大きな要因の一つと考えられ、それを防ぐには社会の中で孤立させないことが大切」との結論に。そして、将来親になる世代に、支援制度の利用や適切に人に頼ることの必要性を伝えたいと考え、育児不安からネグレクトに至ってしまう母親の物語の動画を制作して、オープンキャンパスで高校生向けに発表しました。ゼミ生同士で演技や撮影などをこなし、学びの成果を学外の人たちに発信。高校生に加えて子育てを経験したお母さん方からも意見をいただけたことは、楽しく貴重な経験でした。学部で深めたこの学びに、今後は大学院の学外実習などを通じてさらに実践的な知識を加え、臨床心理士の資格を取得してスクールカウンセラーをめざします。