このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 大学概要
  4. 教育・学位授与の方針と求める人物像
  5. 医療・福祉マネジメント研究科(大学院)
学園・大学案内

教育・学位授与の方針と求める人物像

医療・福祉マネジメント研究科(大学院)(2019年度入学生対象)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

医療・福祉マネジメント専攻 修士課程

医療・福祉マネジメント修士課程は、次に該当する者に修士(医療・福祉マネジメント)の学位を授与します。

知識・理解

医療・福祉マネジメントの意義を社会的な関連の中で捉える科学的視点を身につける。

  • 医療・福祉におけるマネジメントの意義を例を用いて説明できる。
  • 医療・福祉マネジメントに関わる基礎的諸概念の応用例を示すことができる。
  • 自身の問題意識や関心をまとめるために必要な情報を収集することができる。
  • 論文執筆のために必要な研究方法論を理解することができる。
思考・判断

医療・福祉組織における個人の役割を理解し、主体的かつ協調的に問題解決できる能力を身につける。

  • 医療・福祉組織における各構成員の役割と多職種連携の意義を把握できる。
  • 適切な解決策を見つけ、組織内での合意を形成し協調的に行動できる。
技能・表現

専門職、あるいは管理者に要求されるコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を身につけ、問題解決に応用する能力を身につける。

  • 自らの考えを明確かつ論理的に組み立てて他者に説明し、意見交換できる。
  • 自らの研究成果を論文や報告書にわかりやすくまとめることができる。
態度

医療・福祉分野の専門職、あるいは管理者としての正しい倫理観をもつ。

  • 基本的人権擁護の意義を説明できる。
  • 個人情報保護の必要性を説明できる。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

医療・福祉マネジメント専攻 修士課程

医療・福祉マネジメント研究科では、高度専門職業人の養成という教育目標を実現するため、以下の通り、講義系科目、演習系科目、研究指導科目の3つの科目群で教育課程を編成し、実施します。

講義系科目

導入科目、基礎科目群、専門科目群で構成し、実践理論や研究方法論、先駆的な優れた実践事例の学びを通じて、研究課題の発見や研究課題の設定、研究方法など修士論文執筆のための基礎知識と医療福祉関連の諸分野の専門知識の修得を目指します。

演習系科目

基礎演習、専門演習、ケースメソッド演習で構成し、医療・福祉領域のサービスマネジメントと経営の基礎について幅広い学びおよび多職種連携教育を通じて、複雑化・深刻化する問題に対応できる問題解決能力・実践力・教育力・マネジメント能力の修得を目指します。

研究指導科目

研究力養成を目指す「特別研究コース」と、高度専門職業人としての実践力養成を目指す「実践研究コース」で構成し、論文執筆を通じて、研究力だけではなく実践現場の問題を多面的に分析し解決策を考える力、それらをまとめて言葉で他の人に伝える力など幅広い能力の修得を目指します。

入学者に求める人物像(アドミッション・ポリシー)

医療・福祉マネジメント専攻 修士課程

医療・福祉マネジメント研究科は、保健・医療・福祉に関連する分野について基礎的な素養を身につけており、さらに教育目標に掲げる医療・福祉現場における幅広い専門知識と、福祉サービス領域と経営学・会計学領域の高度なマネジメント能力の獲得を目指す人を受け入れます。