このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
学園・大学案内

教育・学位授与の方針と求める人物像

社会福祉学研究科(大学院)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会福祉学専攻 修士課程

社会福祉学専攻修士課程は、次に該当する者に修士(社会福祉学)の学位を授与します。

知識・理解
  • 生活・福祉課題の背景にある諸要因を理解できる。
  • 社会福祉に関する理論と歴史および関連領域の基礎的知識を理解できる。
思考・判断
  • 社会的に不利な立場に置かれた人びとの視点を大切にすることができる。
  • 自他の研究成果を批判的・建設的に検討できる。
技能・表現
  • 生活・福祉課題の解決に必要な情報収集および情報分析ができる。
  • 科学的・客観的知識にもとづいて、自らの福祉実践を持続的に見直すことができる。
  • 倫理的ガイドラインを踏まえた調査を設計・実施することができる。
態度
  • 生活・福祉課題の解決に資する研究を志向することができる。
  • 社会福祉の実践や研究において将来的には指導的役割を担うことを自覚できる。

社会福祉学専攻 修士課程(通信教育)

社会福祉学専攻 修士課程(通信教育)は、次に該当する者に修士(社会福祉学)の学位を授与します。
社会福祉とその関連領域が直面する課題の歴史的背景と本質を深く理解し、「人・社会・生活」に注目する視点を基軸にソーシャルワークのグローバル定義に基づく実践や研究を遂行できる能力、かつ、社会福祉の現場や教育、研究において指導的役割を担い得る能力を修得している者。

知識・理解
  • 社会福祉とその関連領域が直面する課題の背景と本質を理解し、歴史的、理論的に説明することができる。
  • 社会変革、社会的結束および人々のエンパワメントを促進する実践や教育、研究を遂行することができる。
思考・判断
  • 人々の生活に注目し、社会的な枠組において福祉課題の解決をめざすことができる。
  • 社会福祉の「価値」をふまえた思考・判断ができる。
  • ミクロ・メゾ・マクロを俯瞰する視野を持ち、多角的に発想していくことができる。
技能・表現
  • 説明を求められた課題について、説得力のある意見を述べることができる。
  • 学術的な枠組みに沿って調査を行い、根拠に基づき批判的かつ論理的な文章を記述することができる。
  • 事実・根拠・理由を示しつつ、仲間や教員と議論を積み上げていくことができる。
態度
  • 社会福祉や関連分野の倫理に配慮して実践や研究を行うことができる。
  • 社会福祉の現場や研究、教育において指導的役割を担うことができる。

心理臨床専攻 修士課程

心理臨床専攻修士課程は、次に該当する者に修士(心理臨床)の学位を授与します。

知識・理解
  • 臨床心理とその近接領域における十分な専門知識を備えている。
  • 今日問題となっている心理臨床上の諸問題について、その概要を理解し、心理ならびに近接領域の専門家と議論をおこなうことができる。
思考・判断
  • 心理学的な諸問題について、適切な問題意識のもとに研究を計画することができる。
  • 研究遂行のための知識、ならびに理解力を備えており、先行文献を探索し読解することができる。
  • 自らの研究成果を整理し、適切に開示することができる。
臨床技能
  • 心理臨床の基礎となる対人関係能力をふまえ、適切な態度で臨床場面にのぞむことができる。
  • クライエントの抱える心理的問題を見立て、心理療法的に接近することができる。
態度
  • 臨床ならびに研究の遂行において必要となる倫理的諸問題について理解している。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

社会福祉学専攻 修士課程

社会福祉学専攻 修士課程は、以下の通り、講義科目、演習科目、修士論文指導により教育課程を編成し、実施します。

講義科目

社会福祉に関する基礎的知識をはじめ、保健・医療・福祉に関する実践的な知識などについて幅広く学びます。

演習科目

社会福祉に関する基礎や研究を進める上での基礎について学ぶ基礎分野と、社会福祉の政策論、計画論、実践・援助方法論などについて学ぶ専門分野を設置し、科目テーマに沿った発表や討論により学びを深めます。

修士論文指導

1年次に2年次からの本格的な修士論文執筆に向けた基礎的研究活動を行い、2年次に院生個々の研究に合わせたより個別的な指導を強化し、院生自身の研究テーマ・方法論に基づく研究をさらに進め、修士論文執筆の力量を養成します。

社会福祉学専攻 修士課程(通信教育)

社会福祉学専攻 修士課程(通信教育)は、下記の通り、特講科目、領域演習科目、特別研究指導科目により教育課程を編成し、実施します。

特講科目

研究に取り組む上での視点、研究計画の立て方、研究の進め方、研究方法の基礎の理解を深めるため、社会福祉の政策論、計画論、実践・援助方法論について専門的に学びます。

領域演習科目

福祉政策領域、福祉臨床領域、地域福祉領域を設け、総合的・実証的な研究及び教育を進めます。

特別研究指導演習科目

1年次に基礎的な研究方法を習得した上で、2年次に研究計画書、課題小論文、修士学位請求論文執筆計画書を提出します。修士論文中間報告会、修士論文報告会での発表・質疑によりプレゼンテーション能力を高め、研究の到達点を確認し、修士論文完成、最終試験合格に向けた力量を養成します。

心理臨床専攻 修士課程

心理臨床専攻修士課程では、医療・福祉・教育・産業・司法領域において、社会福祉を理解した心理臨床の専門職を育成することを目的として、以下のとおり、講義系科目、実習科目、研究指導科目の3つの科目群で教育課程を編成し、実施します。

講義系科目

心理臨床に関する基礎や研究を進める上での基礎を学び、心理臨床活動に必要な基礎的知識の修得を目指します。

実習科目

学内の附置研究所および学外の保健医療施設、社会福祉施設、教育施設等での実習を通じて、心理臨床活動の実際的な知識と技術の修得を目指します。

研究指導科目

修士論文執筆を通して、臨床心理学に関する研究遂行能力の養成と複雑な事象を深く理解し、その知見を他者に伝える能力を高めることを目指します。

入学者に求める人物像(アドミッション・ポリシー)

社会福祉学専攻 修士課程

社会福祉学専攻 修士課程は、社会福祉に関連する分野における理論、政策や実践について基礎的な素養を身につけており、さらに現代社会の福祉問題の解決に取り組むことができる研究力、実践力を身につけたい人を受け入れます。

社会福祉学専攻 修士課程(通信教育)

社会福祉学専攻 修士課程(通信教育)は、社会福祉、保健・医療・介護、教育・保育の領域に関する基礎的な素養を身につけており、さらに現代社会の複雑化する問題に対して解決志向の研究力、実践力を身につけたい人を受け入れます。

心理臨床専攻 修士課程

心理臨床専攻 修士課程は、心理臨床に関連する分野について基礎的な素養を身につけており、さらに心理判定員、心理療法士、スクールカウンセラーなどとして、幅広い視点から問題解決に取り組むことができる心理臨床の実践力を身につけたい人を受け入れます。