このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園概要
  4. 理事長メッセージ
学園・大学案内

理事長メッセージ

知多半島に根ざす「知」に磨きをかけ、
個性豊かな「ふくし」の専門家に

 日本福祉大学は、4年制の福祉系大学として最も歴史のある大学です。昨年、大学と社会福祉学部の創立60周年を迎えました。このことを記念し、美浜キャンパスにスポーツ科学部を新設し、スポーツ科学の総合性に対応した演習・実験・実習室や公式試合のできるスポーツ環境を整備しました。社会福祉学部でも4専修制やスカラシップ入試を始めました。今年は、2015年度に東海キャンパスの開設と同時に新設した看護学部の完成の年。また、美浜キャンパスの子ども発達学部、半田キャンパスの健康科学部、東海キャンパスの国際福祉開発学部の10周年に当たる年です。各キャンパスで新センター(日本語教育センター、教育実践研究センター等)の事業実施と関連した取組みとともに、内外の大学生・高校生、研究者・専門家・市民が交流するイベントを行います。
 本学は、名古屋に大学院キャンパス、知多半島に3つの大学(学部)キャンパス、東京・大阪にサテライトを置き、通信教育部を含め8学部10学科4大学院研究科を持つ総合大学です。学生数も、大学生と大学院生を合わせて12,000人規模になります。また、本学は、個性豊かな文化や自然を生かし、福祉・医療や産業・技術を振興させる「地域の『知』の拠点」(Center of Community)と、持続可能な福祉社会の形成・発展に寄与する、グローバルな「卓越した『知』の拠点」(Center of Excellence)の、文科省の指定を受けた2つの役割を担うとともに、人びとの“ふくし(” ふつうの、くらしの、しあわせ)の実現に貢献することをミッションとした大学です。
 皆さんが学ぶ知多半島は、産業・文化・自然が融合した環境博物館であって「知」の宝庫です。皆さんが、この「地」を基盤に、2つの「知」の拠点の学びに磨きをかけ、世界に羽ばたく“ふくし”の専門家として、個性豊かに成長されんことを心から願っています。

日本福祉大学 理事長

丸山 悟

SATORU MARUYAMA